2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Miles Davis

2017年1月17日 (火)

SACD: Miles Davis「Someday My Prince Will Come」

20170117b

SACD: Miles Davis「Someday My Prince Will Come」
Sony Music Japan International, Inc. SICP 10085 1961年
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2016年7月にamazon.co.jpで購入。2153円

懐かしさ ★★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★★

書斎にSACDプレーヤーが移動してきて、SACDを聴いてみるか、と思い、図書館でSACDを借りてきて聴いたうちの1枚。後に、退職する先輩へのプレゼントとして1枚新品を買い、自分用にも新品を購入した。

ブンブンブンというベースの音だけでやられる。一気に、1960年代にタイムスリップできる。そこに落ち着いたピアノ、ツボを押さえたドラム、帝王Milesが加わり、テナーサックスもつぶやく。定位がはっきりしている(思い切り振っている)のが、今聴くとまた新鮮。あー、これでもいいじゃん、と思う。

私は1966年生まれで、レコードを自分で買うようになったのは中学生くらいからだ。それでも、Milesのレコードを買ったことはある。「Directions」というかなりマイナーな2枚組だ(おそらく値段が手ごろだったんだろう…)。今は父と姉が住む家にあるのかもしれない。小学校でトランペット鼓笛隊に入り(トランペットではなかったが)、中学校の吹奏楽部でトランペットを吹いた私としては、やはり、帝王マイルスは憧れの人である。

昔のレコードがSACDで再発売されたものを聴くと、CDよりもアナログレコードに近い音のように思える。なめらかというか、平板でないというか。このSACDは、どういう工夫を凝らしたのか、ノイズもごく小さい。大したものだ。

このアルバムには、落ち着き、諦観、それでも希望、といったものが込められている気がする。あたたかさ、人間への愛、みたいなもの。

うーん、やっぱり帝王だなー。

MilesのレコードはSACDで再発売されているものが多い。比較的、入手しやすいのではないかと思う。ジャズを聴くなら、Milesを1枚くらいは聴いておくんなさい。

H2

「ハイレゾで行こう!」検索