2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Joe Zawinul

2018年7月22日 (日)

Blu-ray Audio:Friedrich Gulda, Joe Zawinul「Music For Two Pianos」

20180722b_musicfortwopianos

Blu-ray Audio:Friedrich Gulda, Joe Zawinul「Music For Two Pianos」
Delta Music & Entertainment GmbH & Co. KG 2013年(1988年5月20~21日ライブ録音、2005年リミックス)
Blu-ray Audio、ステレオ2チャンネルPCM 96kHz/24bit、5.1チャンネルDTS-HD Master Audio 96kHz/24bit
2018年7月にamazon.co.jpで購入。2608円

懐かしさ ★★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★★★

私にとっては、至福の1枚。Joe Zawinulは初期のアルバム「The Beginning」ではアコースティックピアノを演奏しているが、Miles DavisのグループやWeather Report以降でエレクトリック・ピアノ(Rhodes、CP)やシンセサイザーを演奏するようになってからは、アコースティックピアノを人前であまり弾いていない。チック・コリアやハービー・ハンコックはアコースティックピアノをけっこう弾いているので、ザビヌルにはやはり、何かしらの考えがあったのだろうと思う。

そんなザビヌルも、同郷、少し年上のグルダとデュオ、ということになったなら、普段のこだわりを捨てていいかな、と思ったのではなかろうか。ソロではないが、ザビヌルのアコースティックピアノを堪能できるという点で、このディスクは、ザビヌルファンにとっては、とても価値があるものだと思う。

トラック数はわずかに3つ。ハイドンの曲をブラームスが編曲した1曲目は、クラシックなんだけれど、でも、型にはまらないというか、自由奔放というか、円熟の境地に入りつつある二人が、楽しく、美しい世界を現出させている。私はこれまで2台ピアノをあまり良いと思ったことがないのだが、これはすごい。認識を改めた。

2曲目はグルダの作品で、ビッグバンドも加えている。ザビヌルの名盤「Brown Street」の先駆けと言えそうな演奏だ。グルダの、「いや、俺、ジャズもやりたかったんだよ」という笑顔が目に浮かぶ。

3曲目はWeather Reportの、2枚目の「Weather Report」の冒頭に収められている「Volcano for Hire」をピアノデュオで披露している。4分程度とあまり長くないのが少し残念だが、何をやっているのかわからない、というポイントから、ザビヌル節全開のメロディっぽくないVolcano for Hireのメロディが現れてくる瞬間は、Weather Reportファンとしては、幸せというしかない。

このアルバムは、私にとっては、懐かしさもあるが、でも、新しさと驚きもあり、懐かしさは3つ星である。楽曲は、いいとも悪いとも言えない。演奏は、珍しい演奏なので比較しようがない。

録音は、悪くはないと思う。5.1チャンネルと2チャンネルで印象が違うので、可能であれば、両方聴いてみることをお勧めする。5.1チャンネルは、不思議な広がりとまとまりがあり、悪く言えば、聴き慣れない音像である。2チャンネルの平板な音像の方が、パワフルだと感じさせる。どちらにせよ、悪い音ではない。

ザビヌルが演奏しているSACDは、Weather Reportの3枚があって(「Heavy Weather」と「Tale Spinin」は持っているが「Black Market」は持っていない、これらはいずれもステレオのみ)、あと、Milesのものがいくつかあるのかな、と思う。BD Audioは、今のところ、今回紹介した1枚しか知らない。サラウンドはこの1枚しか知らない。

ザビヌルのファンは必聴。グルダのファンは、どうなんだろうか。私はこのディスクで初めてグルダの演奏を聴いたので、ちゃんとした意見は持てない。

ジャンルとしては、クラシックとジャズの境界にあるディスクなので、クラシックファンまたはジャズファンに受けるかというと、よくわからない。

そんなわけで、だれにもオススメとは言いにくいディスクである。しかし、私としては、購入満足度5つ星。いや、いいもん買った。入手できてよかった。

H2

「ハイレゾで行こう!」検索