2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

中村善郎

2021年5月16日 (日)

SACD: 中村善郎(Yoshiro Nakamura)「Lembrança, Esperança(思い出、そして希望)」

20210516b_yoshironakamura_lembrancaesper

SACD: 中村善郎(Yoshiro Nakamura)「Lembrança, Esperança(思い出、そして希望)」
Sony Music Japan International Inc. SICP 10004 2004年(録音は2004年1月)
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2020年8月にAmazon.co.jpで購入。994円

懐かしさ ★★★
楽曲 ★★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★★★

何もかもどうでもよくなる音楽。「さあ張り切って仕事しよう」という音楽ではない。音に身をゆだね、あれこれと思いをめぐらせながら身体と頭の力を抜く。まさに南米、ブラジルの音楽。彼の地の人々は、こういう音楽で緊張を解き、明日に向かって力を回復させるのだろう。疲れた時、何もしたくない時に最適。まったくもって素晴らしい。

いつか、私に力が戻って来る時もあるさ。たぶん。

私自身は、高校生の時に組んだピアノトリオ+αで「黒いオルフェ(Orfeu Negro)」を演奏した。ボサノヴァというものを、全く知らなかったとは言えない。

ホテルのレストランで、ギターを持ったおじさんが流しをしていた。「イパネマの娘(Garota de Ipanema)」をリクエストして、何とか通じた。出てくる音は、まさに南米のそれであった。本物のボサを聞いたのは、あの時が初めてだったかもしれない。いくら渡したか、記憶が定かでない。

中村善郎さんは日本人であるようだが、出てくる音は本物である、と私は思う。ギターを持った流しのおじさんが、スピーカーから歌いかけてくれる。

表紙を含め24ページのブックレットが付き、中村さんの曲目解説があり、和訳付きの歌詞が掲載されている。歌詞の意味を知りたくなった時に役立つ。まあ、歌詞の内容なんてどっちでもいいか、とも思うのだが。

私はCD1枚でファンになった。皆様もどうぞ。

H2

「ハイレゾで行こう!」検索