2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sydney Symphony

2021年2月23日 (火)

SACD: Vladimir Ashkenazy/Sydney Symphony「Elgar: Pomp and Circumstance, Serenade for Strings」

20210223b_sydneysymphony_vladimirashkena

SACD: Vladimir Ashkenazy/Sydney Symphony(ウラディーミル・アシュケナージ指揮シドニー交響楽団)「Elgar: Pomp and Circumstance, Serenade for Strings(エルガー:威風堂々、弦楽セレナード)」
EXTON Co., Ltd. EXCL-00030 2009年(録音は2008年11月)
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2016年12月にAmazon.co.jpで購入。2451円

懐かしさ ★★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★

娘が「威風堂々って知ってる?」という。学校で合奏をしているようだ。家にディスクがあるよ、と持ってきて、居間のBDレコーダー+テレビ+サブウーハーで聴いた。威風堂々の1番の中間部は大変有名であるが、さほど長い曲でもないので、せめて1番だけは、最初から最後まで聴いてほしいと思ったからだ。

このディスクには1番から6番までが入っている。それらを順に聞きながら、ラスボス登場みたい、といった感想を言い合い、それを自主学習のノートに書き留めさせた。音楽鑑賞の宿題が、私が小学生か中学生の時にはあったが、今どきそんな宿題があるのかどうかは知らない。私は、モーツァルトの交響曲41「ジュピター」をかけてソファーで眠ってしまい、ひどく退屈な音楽だと思った覚えがある。まあ、子供時代にモーツァルトの良さがわかるかというと、私にはそんなことはなかった。

威風堂々1番を私が最初に聞いたのは、小学生の時であったろうと思う。「世界のマーチ集」のようなカセットテープを購入し、その中にあったような気がする。もしかしたら、FM放送のエアチェックで録音したかもしれない。威風堂々の1番は、裏拍から始まるのが新鮮で、最初のテーマがかっこよく、それを受けるテーマも素敵だ。トリオ(中間部)のメロディは美しい。出てきたものすべてが突っ込まれて大団円を迎える後半は、思い切り吹いていいぜ、というロックな楽しさがある。

威風堂々1番は、大学3年の時に所属していた吹奏楽団で演奏した。大学時代は基本的には苦いのだが、それでも、幸せな一面もあった。

今回紹介するディスクは、威風堂々の1番から6番をまとめて聴くのに好適だ。2チャンネルステレオのみなのが惜しい。録音は、可もなく不可もない。アンプのボリュームつまみをある程度上げないとちゃんと鳴らない。ある程度の音量を出せば、響きも適度に入っている。演奏は、決して悪くはないが、特筆すべき良さがあるかというと、微妙である。

威風堂々を1番から6番まで通しで聴きたいという人にお薦めする。何度も聴いているうちに、何か発見がありそうな気もする。

H2

「ハイレゾで行こう!」検索