2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

Emerson, Lake & Palmer

2020年7月25日 (土)

CD+DVD-Audio: Emerson, Lake & Palmer「Emerson, Lake & Palmer」

20200725a_emersonlakeandpalmer

CD+DVD-Audio: Emerson, Lake & Palmer「Emerson, Lake & Palmer」
Leadclass Limited under exclusive license to Sony Music Entertainment UK Limited 2012年 LC12723
2CD+DVD-Audio(5.1チャンネルサラウンド、ステレオ2チャンネル、いずれも48kHz24ビット)
2020年7月にヤフオク!で購入、1800円

懐かしさ ★★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★★

シンセ弾きでKeith Emersonを知らない人も、今はいるんだろうけれど、私がシンセサイザーに憧れた1970年代には、Keith Emersonは偉大な存在の一人であった。家には姉が購入した「Tarkas」のLPがあり、これはどうも理解しがたかったけれど、後に小遣いをためて自分で購入した「In Concert」は大好きだった。Peter Gunnのテーマは簡単だったので自分のバンドで練習曲にしていた。

そんなわけで、ELPのハイレゾ音源を一つくらいは買いたいと思っていたのだった。

シンセサイザーは本格的に導入されていない。ディスク1の「Tank」ではエマーソンの「シンセ弾き始め」が興味深い。他の曲ではピアノが目立つ。美しい(ところどころ歪みっぽいが、私としては許せる)。オルガンもけっこう積極的に使われていて、John Lordとはまた違った妙技が聴ける。後のスタイルが確立されつつある様子がうかがえる。

5.1チャンネルはセンターヘビーでちょっと驚いたりもするが、聴いていて楽しい。フロアノイズは抑えられている。5.1チャンネルサラウンドとステレオ2チャンネルで曲目が違うし、さらにCDも2枚あるので、全部聴くには時間を要する。

年を取ると、若い時に聴いていた音楽、もしくは若い時に聞けなかった音楽を聴きたくなるものだ。入手できて嬉しい。

H2

 

その他のカテゴリー

「ハイレゾで行こう!」検索