2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

The Great Jazz Trio

2020年3月 8日 (日)

SACD: The Great Jazz Trio「Stella by Starlight」

20200308a_thegreatjazztriostellabystarli

SACD: The Great Jazz Trio「Stella by Starlight」
Village Music, Inc. 2006年 VRCL 18835
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2020年2月にヤフオク!で購入、1680円+送料190円

懐かしさ ★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★★

このディスクには渡辺貞夫がゲスト参加しており、トラック2、3、6、8の4曲で渡辺貞夫のサックスを聞ける。渡辺貞夫の演奏が収録されているSACDはそんなに多くないので、機会があれば買おう。

ハンク・ジョーンズの演奏が入ったSACDを買うのは、これが3枚目である(たぶん)。以前の2枚はほとんど聞いていない。テスト再生をして、うーん、と思って棚に入れた、のだと思う。名前は以前から知っていたが、真剣に聞いたのは最近のことで、どことなくなじめないものを感じたのだった。でも、ちょっと聞いてなじめなかったからといって、ずっとそうであるとは限らないので、すぐに手放したりはしない。

渡辺貞夫は期待通りだった。自室でライブハウスのいい席に来た感じを味わえる。渡辺貞夫が出てくる曲を楽しみに再生するのだが、次第に、その間の、渡辺貞夫がいないトラックも、耳になじみ始めた。

私にとってありがたかったのは、ドラムがオマー・ハキムであることだった。高校時代にWeather Reportを好きになった私は、上京して新宿厚生年金会館で行われたWeather Reportのライブに行った。Processionが出て、Domino Theoryはまだ出ていなかった時だと思う。ジャコとアースキンの時代はもちろんWeather Reportの黄金期であると思うけれど、オマー・ハキムとビクター・ベイリーになったことで、ひどく失望したかというとそうでもない。ジャコとアースキンの時代のWeather Reportは、8:30、Night Passage、Weather Report(2枚目)でほぼやるべきことをやり尽くしたと思っていたからだ。ジャコはビッグバンドで名を馳せることになり、そこにアースキンも参加していた。Weather Reportが、新しい展開に出ることを期待していたし、その重要な要素がオマー・ハキムとビクター・ベイリーだった。

オマー・ハキムが参加して以降のWeather Reportは、レコードが出るたびに購入した。よく聞いた。Smappies IIもよく聞いた。そんなわけで、このStella by Starlightでオマー・ハキムが演奏していて、そこを聴いた。あー、オマーも大人になったなー、こういう落ち着いたプレイができるんだなー、でも、ところどころに彼らしい茶目っ気があるぞ、と聴いたら面白くなってきた。歌もいいし。

ピアノトリオというと、どうしてもピアノが主役でベースとドラムスが脇役と思ってしまうが、ベースとドラムスに耳を傾けると、また違った聴き方ができる。ハンク・ジョーンズが、自分よりは若い二人を十分に活躍させようとしていると考えると、なかなかいい演奏と思える。心なしか、ピアノの音量が、ごくわずかに小さい気もする。

そんなわけで、渡辺貞夫とオマー・ハキムに導かれて、ハンク・ジョーンズとジョン・パティトゥッチに目覚めた1枚であった。

渡辺貞夫が好きで、SACDが好きな人は、ぜひ。

H2

「ハイレゾで行こう!」検索