2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

水戸室内管弦楽団

2021年7月 2日 (金)

SACD: 小澤征爾/水戸室内管弦楽団/宮本文昭 他(Seiji Ozawa, Mito Chamber Orchestra, Fumiaki Miyamoto)「R.シュトラウス:オーボエ協奏曲 他(R.Strauss: Oboe Concerto etc.)」

20210702a_mitochamberorchestraseijiozawa

SACD: 小澤征爾/水戸室内管弦楽団/宮本文昭 他(Seiji Ozawa, Mito Chamber Orchestra, Fumiaki Miyamoto)「R.シュトラウス:オーボエ協奏曲 他(R.Strauss: Oboe Concerto etc.)」
Sony Music Direct (Japan) Inc. DYCC 10097 1999年
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2021年6月にヤフオク!で購入。1200円

懐かしさ ★★
楽曲 ★★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★★

私の少年時代はThe Beatlesが世界的ヒットを飛ばした後だった。中学校の下校時に流れる音楽は「Hello, Good Bye」だったし、吹奏楽部は「Ob-La-Di, Ob-La-Da」「Yesterday」「Hey Jude」とかを演奏していた。YMOの「Day Tripper」にもしびれた。高校1年の時にエレクトーン教室に行き「Let It Be」を弾いた。ビートルズの曲は、3曲を今でもピアノのレパートリーにしている。ビートルズは20世紀最高の音楽ではないか、と思っていた。

ところがどっこい。私の子供はビートルズに何の感興も呼び起こされない。反応なし。

そんなわけで、歌詞のある音楽は、一時的なインパクトは大きいが、時代が過ぎると忘れられることが多いのではないか、と思うようになった。「歌は世につれ、世は歌につれ」というわけだ。

そんなことを考えているせいか、上のディスクをかけて、モーツァルトのフルート協奏曲第1番ト短調K.313に一発でやられた。花が咲いているように美しい。続くファゴット協奏曲変ロ長調K.191も感動した。今も演奏され、愛される音楽であり、100年後もそうかもしれない。フルートの工藤重典、ファゴットのDag Jensen、いずれも素晴らしい。

この2曲に比べると、続くR.シュトラウスのオーボエ協奏曲ニ長調は、私は、今ひとつであると感じた。かけておいて嫌な音ではないが、引き込まれるものがあまりない。

モーツァルトって、天才だなぁ、とこのごろ感じる。それを見せてくれる小澤征爾と水戸室内管弦楽団も大したものだ。

ステレオ2チャンネルのみであるが、録音も悪くない。ブックレットに録音についての言及が少ないので、デジタルマルチで録音したのか、アナログマルチなのか、デジタル2チャンネルなのか、アナログ2チャンネルなのかはわからない。1999年の録音だから、デジタルではなかろうか。SACD化に当たってDSDマスタリングをしたという。デジタル臭さはほとんど感じない。うまく処理されていると思う。音量がわりと一定で、家庭でスピーカーを鳴らす際に、あまり神経を使わなくて済む。

自分が音楽を作る場合、それでお金が入るということはないので、できれば、あまり飽きられない、時代と関係が薄いものを作りたい。そういう気持ちがあるから、このごろ、ポップな音楽をあまり聴かないのかもしれない。

モーツァルトが嫌でないすべての人にお薦め。下記の商品リンクはどれがSACDなのかわかりにくいので、SACDを必要とする方は、十分お気を付けください。

H2

2021年1月15日 (金)

SACD: 小澤征爾/ラデク・バボラーク/水戸室内管弦楽団(Seiji Ozawa/Radek Baborak/Mito Chamber Orchestra)「モーツァルト:ホルン協奏曲全集(Mozart: The Complete Horn Concertos)」

20210115a_mozartthecompletehornconcertos

SACD: 小澤征爾/ラデク・バボラーク/水戸室内管弦楽団(Seiji Ozawa/Radek Baborak/Mito Chamber Orchestra)「モーツァルト:ホルン協奏曲全集(Mozart: The Complete Horn Concertos)」
Sony Music Japan International 2015年(録音は2005年~2009年) SICC 19002
SACD/CDハイブリッド、5.1チャンネル/ステレオ2チャンネル
2021年1月にヤフオク!で購入、1277円

懐かしさ ★★★★
楽曲 ★★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★★

私は小澤征爾のファンである。彼の指揮を始めて見たのは、大学時代に友人に誘われて行ったベルリンフィルの東京公演である。ヘルベルト・フォン・カラヤンが来ることになっていて、でも体調の面で不安視されていて、その不安が的中し、代役が小澤征爾であった。曲が何だったか忘れたが、サントリーホール初体験であったことも幸いしてか、とにかく、すごい音だなぁ、これが世界一のオケか、と思った記憶がある。

1992年から1993年にかけて米国ボストンに住み、ボストン・シンフォニーのシーズンチケットを買ってシンフォニー・ホールに通った。音楽監督であった小澤征爾は、指揮でも登場した。

すごいと思ったのはファンの厚さである。シーズン中は連日コンサートがあるのだが、それが全部埋まる。大型バスに乗って年配の人が押し掛ける。幕間のロビーは社交場だ。アルコールを摂取するので大型バスで来るのだろう。バスが地方都市に着くころには酔いがさめているのかもしれない。クラシック中心のFMラジオ局ではライブ録音した演奏が流れる。チケットの宣伝がされるので、行きたくなったらすぐ電話だ。

これだけ公演が多いと、オケのメンバーは毎日のように、昼間リハーサルをして夜に本番というスケジュールになる。それによって、オケの音はホールに最適化されていく。ホールの残響の具合を把握して、それに合わせて演奏している。これは、日本のオケでは難しい。同じ場所での公演の数が少ないからだ。ファンの厚さの面で、日本のオーケストラは欧米に及ばないと思う。

小澤征爾指揮のSACDがほどよい価格で入手できる時はなるべく買うようにしている。そうして購入したのが今回の1枚だ。

モーツァルトのホルン協奏曲のディスクは、1990年代にCDを1枚買った。

20210115b_mozarthornkonzerte_berlinerphi

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ゲルト・ザイフェルト/ベルリン交響楽団(Herbert von Karajan/Gerd Seifert/Berliner Philharmoniker)による、1969年のディスク(録音は1968年)、POCG-2117である。

このディスクを買ったのは、練馬交響楽団がホルン奏者を募集していて、その課題曲がホルン協奏曲1番1楽章であったからである。CDと楽譜を買い、練習して臨んだ。あまりの緊張でうまく吹けず、落選した。まあ当然だな、と思った。それ以来ホルンは吹いておらず、2006年に引っ越しする時に廃棄した。上のカラヤンのディスクは、どうも苦い思い出があって、あまり聴いてこなかった。

さすがに傷も癒えてきたようで、今回買った小澤征爾のディスクは、けっこう楽しく聴けた。モーツァルトは、子供のころには退屈な音楽だと思ったが、このごろは楽しめるようになってきた。カラヤンのディスクも今回再聴してみたが、なかなかよかった。1968年にこれほどの録音ができていたのか、と驚いた。

今回買った小澤征爾のディスクは5.1チャンネルサラウンドである。センターとLFEはほどよく控え目だが、サラウンドはとても音量が大きい。レベルインジケーターのLEDを見ていても、サラウンドの方が音量が大きいのではないかと思えるほどだ。頭や身体をリスニングポイントから後ろに持っていくと、どちらが正面なのか迷う。サラウンドが鳴らないなー、と悩んでいる向きにお薦めである。

5.1チャンネルサラウンドの音楽的なバランスは、とても良い。ホルン(フレンチホルン)の特徴の一つは、開口部を客に向けないことである(今回のソリストの写真を見るとかなりフロントセンター客向きに近いし、それはそれでOKだけれど)。ホルンの音は、手に当たり、身体や壁や天井に当たって空間を満たす。ホルンの音を単純にフロントセンターに定位させたら、それはちょっと違うのだ。このディスクでは、ホルンの音が空間を満たす感じを、うまく記録して再現している。ホルンの魅力を感じられる。

演奏は、カラヤンのディスクが1968年録音で、小澤征爾のディスクが2005~2009年録音である。40年くらいの時を経て、小澤たちの演奏は、ちゃんと正統派であり、なおかつモダンになっている。どちらも素晴らしい。

サラウンド環境があり、クラシックが嫌いでなければ、入手して聴く価値があるディスクだ。

H2

2019年11月27日 (水)

小澤征爾&水戸室内管弦楽団(Seiji Ozawa & Mito Chamber Orchestra)「モーツァルト:交響曲第36番「リンツ」&第38番「プラハ」(Mozart: Symphony No. 36 "LINZ" & No.38 "PRAGUE", etc.)」

20191127a_seijiozawa_mitochamberorchestr

SACD: 小澤征爾&水戸室内管弦楽団(Seiji Ozawa & Mito Chamber Orchestra)「モーツァルト:交響曲第36番「リンツ」&第38番「プラハ」(Mozart: Symphony No. 36 "LINZ" & No.38 "PRAGUE", etc.)」
Sony Music Japan International Inc. 2007年 SICC 10047
SACD/CDハイブリッド、サラウンド5.0ch/ステレオ2チャンネル(一部ステレオ2チャンネルのみ)
2019年11月にヤフオク!で購入、1180円

懐かしさ
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★★

耳が洗われる、心が洗われる1枚。

私は小澤征爾のファンであるので、ディスクがほどよい価格で出ている場合はなるべく買いたいと思っている。モーツァルトは、幼いころはつまらないと思っていたが、長岡京室内アンサンブルのディスクで驚き、評価を改めた。モーツァルトの音楽はシビアで、演奏と録音がよくないと楽しめないように思う。

最初に表題のディスクをかけた時、つまらん音だなーと思った。サブウーハーなしの5.0chを手元の通常の5.1chセッティングで聴くと、フロントLRがNS-10Mであるため、低域が不足する。面倒だなぁ、と思いつつ、フロントをBehringer B3031A+Dynaudio BM14Sに差し替えた。そうしたら大違い。コンサートホールの良い席に座ったような音が目の前に現れた。

当たり前のことであるが、フロントLRに、けっこう低い音が入っている。ティンパニが美しく響く。

このディスクのサラウンドはフロントLRに大口径を入れている人向けのミックスである。フロントLRが小口径の場合、ステレオにして聴く方がいいかもしれない。

トラック8~11のモテット「エクスルターテ・イウビラーテ」K.165はステレオ2chのみ。こちらもいい音だ。

音楽の美しさを堪能できる。言葉なく、いいなぁと思う。クラシックが嫌いでなければ、ぜひ。

H2

「ハイレゾで行こう!」検索