2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

喜多郎

2020年8月14日 (金)

SACD: 喜多郎(Kitaro)「空海の旅(Sacred Journey of Ku-kai)」

20200814b_kitarosacredjourneyofkukai

SACD: 喜多郎(Kitaro)「空海の旅(Sacred Journey of Ku-kai)」
Domo Records, Inc. 2003年 COGB-15
SACD/CDハイブリッド、サラウンド5.1チャンネル、ステレオ2チャンネル
2020年8月にヤフオク!で購入、2360円

懐かしさ ★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★★★
購入満足度 ★★★★★

喜多郎をいい音で聴くとこうなるのか、と驚いた1枚。サラウンド5.1チャンネルの音がとても良い。Allen Sidesという人の腕が良いのだろう。クラシック、アコースティックのディスクだとけっこういい物があるが、シンセ音楽でここまで仕上げてあるのはすごい。

音楽の内容については、自分が作った音楽と似ている気がした。単純なフレーズが鳴っていてそれにシンセ単音のメロディが乗るとか、メロディと簡単な和声の曲とか。モッドシーケンスかなぁ、と思う部分もあったが、本当にそうかどうかは知らない。

昔、喜多郎の音に影響を受けて、それが私の中に入っているということだろう。それ以外に、何かしら共通した部分もあるのかもしれない。

私自身は、シンセを弾く際に、「恥ずかしいからこれはやめよう」とは思わないようにしている。恥ずかしくてもいいじゃないか、気取ってどうするんだ、と考える。それが自分の音であるならば、だ。

喜多郎が好きで、5.1チャンネル再生ができるなら、ぜひ。

H2

2019年10月28日 (月)

DVD-Audio: 喜多郎(Kitaro)「Best Of Silk Road」

20191028a_kitarobestofsilkroad

DVD-Audio: 喜多郎(Kitaro)「Best Of Silk Road」
Columbia Music Entertainment, Inc. 2003年 COAY-17
DVD-Audio、5.1ch/ステレオ2チャンネル、96kHz24ビットなど
2017年1月にヤフオク!で購入、1950円

懐かしさ ★★★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★★★

喜多郎の「シルクロードのテーマ」がNHKで流されたのは1980年。当時中学生であった私は、家でテレビの前に座ってNHKの番組を視聴していた。シンセサイザーは好きだったが、それをこういう風にも使えるんだというのは新鮮だった。高校に入ってエレクトーンを買ってもらい、耳コピーして「シルクロードのテーマ」を弾いた。

喜多郎のディスクが家に1枚もないのもなぁ、ということで購入したのが上記のディスクだ。再生して「あれ?」と思ったのは、「シルクロードのテーマ」のメロディが、記憶していたものと違ったことである。自分の記憶間違いかと思ったが、調べたら、このディスクに入っている「シルクロードのテーマ」は2002年11月録音で、昔の録音を入れてあるわけではなかった。昔の録音を聴くと、私の記憶もまあまあ間違っていない。喜多郎にとってこの曲は大ヒット作で、ライブでは一生演奏しなければならないだろうし、録音も何度もしている。年を経て、次第にメロディが変わってきたということだろう。

トラック1「シルクロードのテーマ」は先ほども述べたように2002年11月の新録音、トラック11「西安に祈る/マーキュリー」は2002年西安でのライブ録音。この2つは新規である。トラック2~10は以前のアルバムからの再録だ。ただ、音質はよく揃っていて、違和感を感じない。いい仕事である。サラウンド化も、よくできている。

いい音を聴くためにどうするか、それが悩ましいディスクである。Oppo BDP-103で聴いているのだが、サラウンドでAVアンプへ出す場合、接続がHDMIの時とアナログの時で音が違う感じだし、S/PDIFから2chをdbx QUANTUMに出すと48kHzになってしまってまた音が違う。BDP-103が悪いのか、とも思う。

DVD-Audioというフォーマットは短命で、ハードもソフトも成熟する前に終了した気がする。そのため安定して稼働するかという不安があり、一般に、DVD-Audioディスクは、薦められるものではないと思う。

ただ、喜多郎のハイレゾ音源をパッケージで、ということになると、このディスク以外に選択肢があるのかどうか。私はどうやって聴くかで苦労しているが、まあそれもオーディオ好きの楽しみの一つなので、このディスクを入手できたことを大いに喜んでいる。

喜多郎の音楽は、私は好きである。国技館のライブに行った時は和太鼓を叩いていて、和太鼓は他の楽器を圧倒する迫力のある楽器なので、シンセの印象が薄まるなぁ、と思ったが、でもまあ、今後も元気で長生きしてほしい。

H2

 

「ハイレゾで行こう!」検索