2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

長岡京室内アンサンブル

2017年2月 6日 (月)

SACD: 長岡京室内アンサンブル(Nagaokakyo Chamber Ensemble)「スーク、ドヴォルザーク(Suk & Dvořák)」

20170206a

SACD: 長岡京室内アンサンブル(Nagaokakyo Chamber Ensemble)「スーク、ドヴォルザーク(Suk & Dvořák)」
N&F Co. Ltd. NF60103 2003年
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル/5.1チャンネル、ボーナスCD(NF20104)付属
2015年6月にヤフオクで購入。2135円

懐かしさ
楽曲 ★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★★★
購入満足度 ★★★★

Webサーフィンをしていて、長岡京室内アンサンブルのSACDの評価が高いので、初めて購入したのがこの「スーク、ドヴォルザーク」だ。とにかく音がいい。サラウンドで聴くと、耳が洗われる心地がする。ストリングセクションというのが、これほどまでに迫力と表現力があるとは、これまで感じたことがなかった。生演奏拡声なしで聴くよりも、大きな音量で聴けるメリットがあるかもしれない。5.1チャンネルをしっかり使っているのも好ましい。

で、それを聴いた後でボーナスCDを聴くと、ぼしょく聴こえる。凡庸な音で、楽しくない。SACDサラウンドの威力を見せられた気持ちになる。しばらく聴いていると、徐々にCD音質に耳が慣れてきて、「まあこれでもいいか」という気持ちになることはなるけれど。

そんなわけで、5.1チャンネルの再生環境を用意していて、クラシックが嫌いではない人にオススメ。長岡京室内アンサンブルのSACDは他のものも、買えるだけ買ってみた。どのSACDも音質はいいので、どれを買ってもそれほどがっかりすることはないと思う(CDは、あえて選ぶ理由はないと思う)。それらについてはまた日を改めて書くつもり。

H2

「ハイレゾで行こう!」検索