2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« SACD: Pat Metheny「Bright Size Life」 | トップページ | SACD: 小沼ようすけ(Yosuke Onuma)「The Best」 »

2021年10月30日 (土)

ディスク棚の並べ直しを決行

20211030a_disksonthefloor

棚に並べているSACDなどのディスクが乱雑で、選んだり探したりするのが困難になっていた。買い足したものはうまく棚に入らないので、手前の空間に平積みしたりするから、わけが全くわからない状態になるのだ。観念して、棚にあるものをすべて床に移し、押し入れにある袋も出してきて、SACDなどのハイレゾディスクをなるべく棚に出して、CD類であまり聴きそうにないものを袋や箱に入れて押し入れに入れることにした。

空っぽになった棚の様子が下の写真。

20211030b_emptydiskshelf

作りの良い棚とは言えない。板がたわんでいる。棚の左右には、CDとは大きさが違うケース(DVDとかBDとか)を入れており、それは数が多いわけではないので、そのままにした。手前にはボックスを積み重ねている。ボックスは積んでもよかろう。

苦闘数時間。

ミュージシャンごと、レーベルごと、などのようにある程度分類して並べた。

グループとしてSACDの枚数が最も多かったのは、T-SQUARE(The SQUARE)関連であった。

20211030c_tsquaredisks

昔買ったCDが1枚、ここ数年で買ったSACDが22枚。ディスコグラフィを見て年の順に並べて、あれ、BRASILってこんな古いんだ、などとびっくりしていた。T-SQUAREは、クラシックのミュージシャンを除けば、最も多くのSACDを売ったミュージシャンではないか、と思う。ぜひ今後も、極力SACDで新譜もしくは旧譜をリリースしていただきたい。

次に多かったのはSimone Youngだった。

20211030d_simoneyoungdisks

SACDが17枚あるが、部分的に買った後でまとめ買いしたため重複がある。ブルックナーの2と3と4が2枚ずつあるのかな。まあ、姉にでもあげればよいか、と思っている。

3番目に多いのは冨田勲と小澤征爾だった。冨田勲が下の写真だ。

20211030e_isaotomitadisks

SACDが11枚、DVD-Audioが1枚ある。惑星はDVD-Audioの「2003」とSACDの「ULTIMATE EDITION」があるが、この2つは内容が同じではなく、昔聞いたレコードのイメージに近いのはDVD-Audioの方である(こちらにそれらの感想文がある)。

小澤征爾は下の写真だ。

20211030g_seijiozawadisks

SACDが11枚ある。オーケストラは複数ある。小澤征爾は、欲しいと思いつつ入手できていないものもいくつかある。

5番目に多いのは渡辺香津美だった。

20211030f_kazumiwatanabedisks

SACDが10枚、昔買ったCDが2枚ある。このごろはSACDのリリースをしていないようで、残念である。

感想文を書いたディスクは数十。再生していないもの、封を切っていないものさえある。ぼちぼち聴いていかないとなぁ。

H2

« SACD: Pat Metheny「Bright Size Life」 | トップページ | SACD: 小沼ようすけ(Yosuke Onuma)「The Best」 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SACD: Pat Metheny「Bright Size Life」 | トップページ | SACD: 小沼ようすけ(Yosuke Onuma)「The Best」 »

「ハイレゾで行こう!」検索