2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« 2021年8月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月31日 (日)

SACD: 小沼ようすけ(Yosuke Onuma)「The Best」

20211031a_yosukeonumathebest

SACD: 小沼ようすけ(Yosuke Onuma)「The Best」
Sony Music Japan International, Inc. SICP 10112 2010年
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2021年10月にヤフオク!で購入。500円

懐かしさ
楽曲 ★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★★★
購入満足度 ★★★★★

なぜこのディスクを買ったかというと、SACDにしては安かったから、であるのだが、再生して音のイキの良さに驚いた。購入したディスクが家に届くと、プレーヤーに入れて再生し、音が出ることを確かめてそのまましまいこむことが多いのだが、このディスクは最後まで通しで聴こうと思った。と言いつつ、このディスクは74分33秒に16曲を盛り込んだ長いもので、用事があって最後まで一気に聞くことはできなかった。

このディスクはそれより前に発表された、2001年の「nu jazz」、2002年「Summer Madness」、2003年「Jazz'n Pop」、2004年「The Three Primary Colors」、2006年「3, 2 & 1」という5つのアルバムから選曲されたベスト盤である。この人のディスクをもっと欲しいなぁ、と思い、それでも重複するアルバムを買うのはためらわれ、とりあえず、重複がない2007年「Beautiful Day」と2010年「Jam Ka」を注文した。それ以降にもアルバムは3点リリースされているが、残念なことに、Jam Kaより後のアルバムはSACDではない。

今書いているこの文章を、書き始めるのは億劫だった。このディスクのどこが良いのか、考えがまとまらなかったからだ。数日間再生を続け、まじめに聴いたり、ふまじめに聴いたりして考えた。

このディスクの一つの魅力は音の良さだ。音量を下げてもまあまあ聴けるけれども、少し音量を上げると素晴らしい。トラック3はギターだけの演奏で始まり、「さー」っとノイズがかぶるのだが、それがリアルで気持ちよい、と感じるほどに、全体として音が良い。SACDだから良いのか、CDで聴いても良いのか、それは試していないので不明。

Wayne Shorterが「ジャズとは何か?」と問われ、「ヘイ、お前にこれができるかい?」であると答えたインタビュー記事を読んだ記憶がある。ジャズに必要なのは、何がしかの自己顕示欲、他の人がやっていないことをやろうという開拓者の気持ち、そしてもちろん、他の人が何をやってきたかを学ぶ何がしかの謙虚さであるということだろう。小沼ようすけがこのディスクで示した音は、しっかりと、ジャズであると思う。それも、このディスクを気に入った理由の一つだ。

トラックごとに違う世界を見せてくれるバリエーションの豊かさも、このディスクの魅力だ。トラック6はWeather Reportの最初の曲「Milky Way」みたいだし、トラック10は絶妙な8ビートのベースが、そっくりそのままとは言わないが、一時期のMiles Davisを連想させる。トラック11は往年のヒット曲で懐かしい。トラックごとに違うものが示されて、楽しく聴ける。

短いフレーズの反復がよく出てくるのも、私としては好きだし、参考になる。今っぽいと感じる。

こういう、宝物を見付けたような嬉しさがあるから、ディスクを買うのをやめられないんだよなぁ。

H2

2021年10月30日 (土)

ディスク棚の並べ直しを決行

20211030a_disksonthefloor

棚に並べているSACDなどのディスクが乱雑で、選んだり探したりするのが困難になっていた。買い足したものはうまく棚に入らないので、手前の空間に平積みしたりするから、わけが全くわからない状態になるのだ。観念して、棚にあるものをすべて床に移し、押し入れにある袋も出してきて、SACDなどのハイレゾディスクをなるべく棚に出して、CD類であまり聴きそうにないものを袋や箱に入れて押し入れに入れることにした。

空っぽになった棚の様子が下の写真。

20211030b_emptydiskshelf

作りの良い棚とは言えない。板がたわんでいる。棚の左右には、CDとは大きさが違うケース(DVDとかBDとか)を入れており、それは数が多いわけではないので、そのままにした。手前にはボックスを積み重ねている。ボックスは積んでもよかろう。

苦闘数時間。

ミュージシャンごと、レーベルごと、などのようにある程度分類して並べた。

グループとしてSACDの枚数が最も多かったのは、T-SQUARE(The SQUARE)関連であった。

20211030c_tsquaredisks

昔買ったCDが1枚、ここ数年で買ったSACDが22枚。ディスコグラフィを見て年の順に並べて、あれ、BRASILってこんな古いんだ、などとびっくりしていた。T-SQUAREは、クラシックのミュージシャンを除けば、最も多くのSACDを売ったミュージシャンではないか、と思う。ぜひ今後も、極力SACDで新譜もしくは旧譜をリリースしていただきたい。

次に多かったのはSimone Youngだった。

20211030d_simoneyoungdisks

SACDが17枚あるが、部分的に買った後でまとめ買いしたため重複がある。ブルックナーの2と3と4が2枚ずつあるのかな。まあ、姉にでもあげればよいか、と思っている。

3番目に多いのは冨田勲と小澤征爾だった。冨田勲が下の写真だ。

20211030e_isaotomitadisks

SACDが11枚、DVD-Audioが1枚ある。惑星はDVD-Audioの「2003」とSACDの「ULTIMATE EDITION」があるが、この2つは内容が同じではなく、昔聞いたレコードのイメージに近いのはDVD-Audioの方である(こちらにそれらの感想文がある)。

小澤征爾は下の写真だ。

20211030g_seijiozawadisks

SACDが11枚ある。オーケストラは複数ある。小澤征爾は、欲しいと思いつつ入手できていないものもいくつかある。

5番目に多いのは渡辺香津美だった。

20211030f_kazumiwatanabedisks

SACDが10枚、昔買ったCDが2枚ある。このごろはSACDのリリースをしていないようで、残念である。

感想文を書いたディスクは数十。再生していないもの、封を切っていないものさえある。ぼちぼち聴いていかないとなぁ。

H2

« 2021年8月 | トップページ | 2021年11月 »

「ハイレゾで行こう!」検索