2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« SACD: Yo-Yo Ma, Ennio Morricone, Roma Sinfonietta Orchestra, Gilda Butta「Yo-Yo Ma Plays Ennio Morricone」 | トップページ | SACD: 曽根麻矢子(Mayako Sone)「Chaconne」 »

2021年7月 2日 (金)

SACD: 小澤征爾/水戸室内管弦楽団/宮本文昭 他(Seiji Ozawa, Mito Chamber Orchestra, Fumiaki Miyamoto)「R.シュトラウス:オーボエ協奏曲 他(R.Strauss: Oboe Concerto etc.)」

20210702a_mitochamberorchestraseijiozawa

SACD: 小澤征爾/水戸室内管弦楽団/宮本文昭 他(Seiji Ozawa, Mito Chamber Orchestra, Fumiaki Miyamoto)「R.シュトラウス:オーボエ協奏曲 他(R.Strauss: Oboe Concerto etc.)」
Sony Music Direct (Japan) Inc. DYCC 10097 1999年
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2021年6月にヤフオク!で購入。1200円

懐かしさ ★★
楽曲 ★★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★★

私の少年時代はThe Beatlesが世界的ヒットを飛ばした後だった。中学校の下校時に流れる音楽は「Hello, Good Bye」だったし、吹奏楽部は「Ob-La-Di, Ob-La-Da」「Yesterday」「Hey Jude」とかを演奏していた。YMOの「Day Tripper」にもしびれた。高校1年の時にエレクトーン教室に行き「Let It Be」を弾いた。ビートルズの曲は、3曲を今でもピアノのレパートリーにしている。ビートルズは20世紀最高の音楽ではないか、と思っていた。

ところがどっこい。私の子供はビートルズに何の感興も呼び起こされない。反応なし。

そんなわけで、歌詞のある音楽は、一時的なインパクトは大きいが、時代が過ぎると忘れられることが多いのではないか、と思うようになった。「歌は世につれ、世は歌につれ」というわけだ。

そんなことを考えているせいか、上のディスクをかけて、モーツァルトのフルート協奏曲第1番ト短調K.313に一発でやられた。花が咲いているように美しい。続くファゴット協奏曲変ロ長調K.191も感動した。今も演奏され、愛される音楽であり、100年後もそうかもしれない。フルートの工藤重典、ファゴットのDag Jensen、いずれも素晴らしい。

この2曲に比べると、続くR.シュトラウスのオーボエ協奏曲ニ長調は、私は、今ひとつであると感じた。かけておいて嫌な音ではないが、引き込まれるものがあまりない。

モーツァルトって、天才だなぁ、とこのごろ感じる。それを見せてくれる小澤征爾と水戸室内管弦楽団も大したものだ。

ステレオ2チャンネルのみであるが、録音も悪くない。ブックレットに録音についての言及が少ないので、デジタルマルチで録音したのか、アナログマルチなのか、デジタル2チャンネルなのか、アナログ2チャンネルなのかはわからない。1999年の録音だから、デジタルではなかろうか。SACD化に当たってDSDマスタリングをしたという。デジタル臭さはほとんど感じない。うまく処理されていると思う。音量がわりと一定で、家庭でスピーカーを鳴らす際に、あまり神経を使わなくて済む。

自分が音楽を作る場合、それでお金が入るということはないので、できれば、あまり飽きられない、時代と関係が薄いものを作りたい。そういう気持ちがあるから、このごろ、ポップな音楽をあまり聴かないのかもしれない。

モーツァルトが嫌でないすべての人にお薦め。下記の商品リンクはどれがSACDなのかわかりにくいので、SACDを必要とする方は、十分お気を付けください。

H2

« SACD: Yo-Yo Ma, Ennio Morricone, Roma Sinfonietta Orchestra, Gilda Butta「Yo-Yo Ma Plays Ennio Morricone」 | トップページ | SACD: 曽根麻矢子(Mayako Sone)「Chaconne」 »

小澤征爾」カテゴリの記事

水戸室内管弦楽団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SACD: Yo-Yo Ma, Ennio Morricone, Roma Sinfonietta Orchestra, Gilda Butta「Yo-Yo Ma Plays Ennio Morricone」 | トップページ | SACD: 曽根麻矢子(Mayako Sone)「Chaconne」 »

「ハイレゾで行こう!」検索