2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月23日 (土)

SACD: 舘野泉(Izumi Tateno)「記憶樹(Albero Di Memoria)」

20210123a_izumitateno_alberodimemoria

SACD: 舘野泉(Izumi Tateno)「記憶樹(Albero Di Memoria)」
Avex Entertainment Inc. AVCL-25713 2010年
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル/5.0チャンネル
2018年1月にヤフオク!で購入。730円

懐かしさ ★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★

本ブログで取り上げる舘野泉のディスクはこれが4枚目だ。このディスクは、なかなかにわかりにくく、時間をかけて聴く必要がありそうだ。

舘野はブックレットの中で次のように書いている。「前回のCDをリリースしてから、ほぼ4年の月日が過ぎようとしている。4年間の中断があったのは自分としてはかなり珍しい。ただ、復帰後、左手のための新しい作品が次から次へと生みだされ、それを消化吸収し、演奏していくだけでも精一杯という状況にあったことは確かである」。

このディスクには「記憶樹」「風のしるし・オッフェルトリウム」「ディヴェルティメント」の3曲が収められている。2曲目は以前に録音されてディスクになっているが、1曲目と3曲目は新作だろう。いずれも現代曲で、そのことを隠そうとしていない。ポップではない。硬派だ。良さを言葉で表すのは難しい。こういう曲と演奏が、嫌いだという人もいるだろう。

録音は、Sello Hall, Espoo, Finlandで行われた。ピアノはSteinway D-274 No. 562404だ。ヨーロッパのエンジニアのピアノの的確なとらえ方には感服する。いい音だ。

何度も再生して、少しずつ感じていくしかないかな、というディスク。広く薦められるディスクではないが、自分では、買えて、聴けて、よかったと思う。

H2

2021年1月15日 (金)

SACD: 小澤征爾/ラデク・バボラーク/水戸室内管弦楽団(Seiji Ozawa/Radek Baborak/Mito Chamber Orchestra)「モーツァルト:ホルン協奏曲全集(Mozart: The Complete Horn Concertos)」

20210115a_mozartthecompletehornconcertos

SACD: 小澤征爾/ラデク・バボラーク/水戸室内管弦楽団(Seiji Ozawa/Radek Baborak/Mito Chamber Orchestra)「モーツァルト:ホルン協奏曲全集(Mozart: The Complete Horn Concertos)」
Sony Music Japan International 2015年(録音は2005年~2009年) SICC 19002
SACD/CDハイブリッド、5.1チャンネル/ステレオ2チャンネル
2021年1月にヤフオク!で購入、1277円

懐かしさ ★★★★
楽曲 ★★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★★

私は小澤征爾のファンである。彼の指揮を始めて見たのは、大学時代に友人に誘われて行ったベルリンフィルの東京公演である。ヘルベルト・フォン・カラヤンが来ることになっていて、でも体調の面で不安視されていて、その不安が的中し、代役が小澤征爾であった。曲が何だったか忘れたが、サントリーホール初体験であったことも幸いしてか、とにかく、すごい音だなぁ、これが世界一のオケか、と思った記憶がある。

1992年から1993年にかけて米国ボストンに住み、ボストン・シンフォニーのシーズンチケットを買ってシンフォニー・ホールに通った。音楽監督であった小澤征爾は、指揮でも登場した。

すごいと思ったのはファンの厚さである。シーズン中は連日コンサートがあるのだが、それが全部埋まる。大型バスに乗って年配の人が押し掛ける。幕間のロビーは社交場だ。アルコールを摂取するので大型バスで来るのだろう。バスが地方都市に着くころには酔いがさめているのかもしれない。クラシック中心のFMラジオ局ではライブ録音した演奏が流れる。チケットの宣伝がされるので、行きたくなったらすぐ電話だ。

これだけ公演が多いと、オケのメンバーは毎日のように、昼間リハーサルをして夜に本番というスケジュールになる。それによって、オケの音はホールに最適化されていく。ホールの残響の具合を把握して、それに合わせて演奏している。これは、日本のオケでは難しい。同じ場所での公演の数が少ないからだ。ファンの厚さの面で、日本のオーケストラは欧米に及ばないと思う。

小澤征爾指揮のSACDがほどよい価格で入手できる時はなるべく買うようにしている。そうして購入したのが今回の1枚だ。

モーツァルトのホルン協奏曲のディスクは、1990年代にCDを1枚買った。

20210115b_mozarthornkonzerte_berlinerphi

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ゲルト・ザイフェルト/ベルリン交響楽団(Herbert von Karajan/Gerd Seifert/Berliner Philharmoniker)による、1969年のディスク(録音は1968年)、POCG-2117である。

このディスクを買ったのは、練馬交響楽団がホルン奏者を募集していて、その課題曲がホルン協奏曲1番1楽章であったからである。CDと楽譜を買い、練習して臨んだ。あまりの緊張でうまく吹けず、落選した。まあ当然だな、と思った。それ以来ホルンは吹いておらず、2006年に引っ越しする時に廃棄した。上のカラヤンのディスクは、どうも苦い思い出があって、あまり聴いてこなかった。

さすがに傷も癒えてきたようで、今回買った小澤征爾のディスクは、けっこう楽しく聴けた。モーツァルトは、子供のころには退屈な音楽だと思ったが、このごろは楽しめるようになってきた。カラヤンのディスクも今回再聴してみたが、なかなかよかった。1968年にこれほどの録音ができていたのか、と驚いた。

今回買った小澤征爾のディスクは5.1チャンネルサラウンドである。センターとLFEはほどよく控え目だが、サラウンドはとても音量が大きい。レベルインジケーターのLEDを見ていても、サラウンドの方が音量が大きいのではないかと思えるほどだ。頭や身体をリスニングポイントから後ろに持っていくと、どちらが正面なのか迷う。サラウンドが鳴らないなー、と悩んでいる向きにお薦めである。

5.1チャンネルサラウンドの音楽的なバランスは、とても良い。ホルン(フレンチホルン)の特徴の一つは、開口部を客に向けないことである(今回のソリストの写真を見るとかなりフロントセンター客向きに近いし、それはそれでOKだけれど)。ホルンの音は、手に当たり、身体や壁や天井に当たって空間を満たす。ホルンの音を単純にフロントセンターに定位させたら、それはちょっと違うのだ。このディスクでは、ホルンの音が空間を満たす感じを、うまく記録して再現している。ホルンの魅力を感じられる。

演奏は、カラヤンのディスクが1968年録音で、小澤征爾のディスクが2005~2009年録音である。40年くらいの時を経て、小澤たちの演奏は、ちゃんと正統派であり、なおかつモダンになっている。どちらも素晴らしい。

サラウンド環境があり、クラシックが嫌いでなければ、入手して聴く価値があるディスクだ。

H2

2021年1月 8日 (金)

SACD: T-SQUARE「Nine Stories」

20210108a_tsquareninestories

SACD: T-SQUARE「Nine Stories」
Sony Music Artists Inc. 2011年 VRCL 10103
SACD、ステレオ2チャンネル
2020年12月にヤフオク!で購入、1100円

懐かしさ ★★★
楽曲 ★★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★★★

T-SQUAREは新作を2チャンネルSACDでリリースし続けている稀有なバンドである。SACDにすることでCDより製造コストが上乗せされるのはわかるけれど、そこをけちってどうする、という気もする。少しでも良い音で楽しみたいというのは、オーディオを愛するすべての人に共通することではないだろうか。T-SQUAREのリリース姿勢は、こうあるべきものだと思う。

T-SQUAREにはCDのみ、というものがないため(多分)、中古を安心して購入できる。これまで10枚くらい買った。ただ、このブログで取り上げたのはそのうち3枚くらいである。聴いて、「よし書こう!」と思わせるインパクトが少なく、「いつか気が向いたら書くか」となってしまっているものが多い。

ところが、今回購入した「Nine Stories」は、再生して1曲目「A Little Big Life」が出てきたとたん、「いいじゃん!」となった。明るく華やか。スムーズでスピード感がある。重すぎず軽すぎず。きらめいているけどうるさくもない。

それをもたらしたのは、この曲の作曲者であるドラマーの坂東慧であると思う。

T-SQUAREの中核はギターの安藤まさひろとサックスの伊東たけしである。でも、この二人は、作曲者としては、長く続けてきたからこその壁に突き当たっていると思う。1980年代から90年代に多くの名曲を書き、それを演奏し続けることを余儀なくされる。昔の曲を忘れるわけにはいかない。その状態で曲を書けば、新しいチャレンジをしたいと思うのは自然だ。ただ、それが足かせになってしまっているのではないだろうか。

坂東慧とキーボードの河野啓三には足かせがない。昔のSQUAREの「らしさ」に対して、恥ずかしがる必要がない。坂東と河野の曲は、昔のSQUAREらしさを、より多く持っている。外から見た、SQUAREにこうあってほしい、という気持ちが、素直に反映されている。

音数が少なくシンプルで、でも細かいところはちゃんと工夫されていて、楽器好きをうならせる。作る側に過剰な気負いがなく、聴いてリラックスできる。

1曲目「A Little Big Life」はドラムの手数が少なく感じられる。まあ、自分で曲書けば、無理にフィル入れなくてもと思うもんね。それが、曲に落ち着きをもたらしている。私は基本的にはやたらと手数が多いドラマーが好きなんだけれど、それが今風でないことも理解している。ドラムが休む瞬間は、これがやりたかったんだろうなと思わせる。メロディは過剰にメロディアスでなく、インストゥルメンタルのおいしいところを持ってきている。メロディがサックスであるのも嬉しい。

2曲目「はやぶさ~The Great Journey:奇跡の帰還~」は、ゲーム音楽みたいである。これを「ださい」と片付けないところがさすがである。細かいところには、手練れの技が盛り込まれているのだから。

4曲目「ATLANTIS」は坂東の曲。ドラムのパターンがシンプルできれい。SQUAREはこれでいいんだよね。

SQUAREは、CASIOPEAと並ぶ日本の2大フュージョンバンドである。

私が大学時代に最初に誘われて入ったバンドはギター、キーボード、ベース、ドラムスというカシオペア編成で、でもコピーしたのは渡辺香津美だったりした。で、このカシオペア編成は、アマチュアにはすごく難しいのね。それで、吹奏楽団をやめたアルトサックス吹きを誘ってきてスクエア編成に変えた。

スクエア編成は、カシオペア編成に比べるとはるかに楽。絵を見た瞬間に、だれがメロディかわかるから。サックスが吹いていれば、それがメロディに決まっている。アマチュアバンドだと、PA担当者が適切にバランスを取ってくれることはあまり期待できないんだけれど、スクエア編成の場合は、音量バランスが多少狂っていても、サックスに目が行くから、そのメロディがちゃんと脳に届く。

その編成の違いは音楽に大きく影響して、SQUAREは「曲を聴かせる」バンドになった。一方のCASIOPEAは「演奏を聴かせる」バンドである。カシオペア編成はメロディの位置がはっきりしないので、ギターとキーボードの音量バランス、アレンジバランスはすごくシビアになる。それを見事にやってのけたのが野呂と向谷。で、すき間がけっこうあるからそこでドラムとベースが自由に動ける。

ということで、編成の違いから、SQUAREでは曲がとても重要なのだということを、今回のディスクが教えてくれた。

今回のディスクは、演奏も録音も良いと思う。SACDを長年作り続けてきたことが、やっと音に反映してきたのだろう。バランスがよく美しい。デジタル臭さも感じない。SACDでフュージョンを作るならこうだよね、という形ができてきた。

安藤と伊東は、なんかサイドメンっぽいんだけど、昔から聞いてきた者にあなた方の音はちゃんと届いている。いい味が出てる。

T-SQUARE、いいバンドだなぁ。

H2

2021年1月 1日 (金)

中学生のころエアチェックしたカセットテープでYMOを聴く

20210101a_sonymdspc2_onkyok505fx

新年あけましておめでとうございます。本年も当ブログ「ハイレゾで行こう!」、兄弟ブログ「シンセな日々」「HandsOnIT」をよろしくお願い申し上げます。

年末にオーディオ再生装置の大幅な変更をした。最大の違いは、パイオニアのAVアンプ「VSA-919AH」と、それに接続していたスピーカー8台がなくなったことだ。VSA-919AH、ヤマハのスピーカーNS-10MペアとYST-SW800は、息子の机に2.1チャンネル再生装置として移動した。

それに伴い、自分の机ではローランドのFM-186がメインのプリアンプとなり、そこにGenelec 1031A(フロント)、1029A(センター)、Dynaudio BM14S(LFE)、Behringer B3031A(サラウンド)を接続した。

メインのプレーヤーはOppo Digital BDP-103。アナログアンバランスで5.1チャンネルを出し、それをFM-186の「6ch BUS IN」に入れた。その入力つまみと「MASTER」出力つまみだけで操作できるので簡便でよい。LEDのレベルインジケーターが6チャンネル分あるのも良い。

パソコンの音は主にローランドUA-S10から出す。4チャンネル分はバランス、2チャンネル分(サラウンド)はアンバランスで接続した。UA-S10の仕様上、仕方ない。

他は、コルグMR-2000Sをアンバランスでつなぎ、パッシブセレクターを介してソニーのMDデッキMDS-PS2とオンキヨーのカセットデッキK-505FXをつないだ(上の写真)。

MDとカセットを1031Aで再生するのは初めてである。MDS-PC2の再生音は、少なくとも初回は、キンキンしていると感じた(後はそうでもなくなってきたが)。K-505FXで再生するカセットテープの音は、なめらかさがあり「けっこうハイレゾ」と思わせる。中学の時にエアチェックしたと思われるYMOのライブなどを聴いて楽しんでいる。

録音当時はデジタルオーディオというものが使われていなかったから、録音経路はすべてアナログのはず。今回の接続ではカセットテープからスピーカーまでの間にデジタル回路がないので、それがなめらかな感じに寄与しているのかもしれない。

設定をあれこれしながら、新システムに少しずつ耳を慣らしていこう。

H2

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

「ハイレゾで行こう!」検索