2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« SACD: Tony Williams Trio「Young At Heart」 | トップページ | CD+DVD-Audio: Emerson, Lake & Palmer「Emerson, Lake & Palmer」 »

2020年7月23日 (木)

SACD: The Gadd Gang「Here & Now」

20200723b_thegaddganghereandnow

SACD: The Gadd Gang「Here & Now」
Sony Music Japan International Inc. 1988年 SICP 10103
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2020年7月にヤフオク!で購入、1800円

懐かしさ ★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★
購入満足度 ★★★

The Gadd Gangのアルバムは、1986年録音の「The Gadd Gang」と1988年録音の「Live at The Bottom Line」を以前に取り上げた。今回取り上げる「Here & Now」は1988年3月の録音で、Live at The Bottom Lineは1988年9月22日の録音なので、Here & Nowを作ってから、Live at The Bottom Lineが行われたことになる。

再生して、音が細く硬く高域落ちして余韻も描き切れていないように感じた。マルチトラックレコーダーがソニーPCM-3324で、マスターレコーダーがPCM-3402であるという。マスターレコーダーも44.1kHz/48kHzの16ビットなのか、と思う。

このところPCM-3324を嫌っているのだが、だったら「The Gadd Gang」はどうだったのかと見ると、これもPCM-3324である。ただ、The Gadd GangのSACDは、2007年にサラウンドミックスと2チャンネルミックスをやり直していて、2007年ミックスとオリジナルミックスの両方が収録されていて、私は主に2007年ミックスを聴いていたのだった。再度かけてみたが、2007年ミックスの音は適度に丸みをおび、SACD対応の音になっている。

Here & Nowの場合、マスタリングはやり直しているが、再ミックスはしていない。The Gadd Gangの方が、手間ひまお金をかけて作られたことがわかる。

ということで、PCM-3324だから絶対に悪い、ということでもないようだ。

楽曲はスタンダードなものが多く、ちょっと泣きそうになる。演奏は、トランペット、トロンボーン、テナーサックス奏者がゲスト参加しており、レギュラーメンバーとなったRonnie Cuberと共にホーンセクションを構成している。前作にない試みであるのだが、全体の音がビッグバンドっぽくなり、自由に演奏している感じが少し損なわれたように思う。

音質も演奏も、他のアルバムに比べて一歩譲る出来だけれど、でも、評する気持ちでなければ聴いていて楽しいし、鍵盤弾きの私はリチャード・ティーのプレイに学ぶことが多い。The Gadd Gangが好きな人は買っていいと思う。CDで十分かもしれないけど。

H2

« SACD: Tony Williams Trio「Young At Heart」 | トップページ | CD+DVD-Audio: Emerson, Lake & Palmer「Emerson, Lake & Palmer」 »

Steve Gadd」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SACD: Tony Williams Trio「Young At Heart」 | トップページ | CD+DVD-Audio: Emerson, Lake & Palmer「Emerson, Lake & Palmer」 »

「ハイレゾで行こう!」検索