2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月12日 (金)

SACD: 宮本笑里(Emiri Miyamoto)「dream」

20200612a_emirimiyamotodream

SACD: 宮本笑里(Emiri Miyamoto)「dream」
Sony Music Japan International Inc. 2009年 SICC 10087
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2016年7月にamazon.co.jpで購入、723円

懐かしさ ★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★

宮本笑里のSACDは、以前にこちら で「Tears」を紹介している。Tearsに感動して他のSACDも買ったのだが、他のSACDの評をなかなか書けずにいた。

このところ少々元気がなく、DVDで「三丁目の夕日」の1と2を連続で観てさめざめと泣いたらなおのこと元気がなくなり、もう今週は無気力でいくか、と思ったのだが、この「dream」をかけて、少しずつ元気を取り戻している。

宮本笑里の演奏については、私のレベルでは、うまいというしかない。このディスクの音楽のジャンルは何かと言われると、バイオリン、と言いたくなる。バイオリン音楽である。美しい。私自身はバイオリンを弾いたことはないし、今後も弾くつもりもないが、シンセの演奏の参考にしたいとは思う。

録音は手本にしたい出来だ。音量レベルはけっこう高い。家のステレオセットで聞いていて、音量を上げたくなったり、音量を下げたくなったり、ということがほとんどない。フォルテがうまく抑えられている。響きや余韻が多く感じられ、バイオリンの音色に酔える。

15トラックが収められており、トータルの時間は1時間8分15秒。けっこう長い。3トラックにはプログラミングのクレジットがあり、コンピュータープログラミングが使われていることがわかる。打楽器のクレジットがないので、打楽器はすべてプログラミングによるものと思われる。生楽器の数はさほど多くなく、そのことが、全体のローノイズに貢献しているかもしれない。

日本人の現在活躍している音楽家の曲があり、一方でクラシックの有名作曲家の作品も多い。私の今の気分としては、トラック10~14のクラシック曲の方が、しっくり来た。5~8の「天地人紀行」も悪くないけれども、どうして最後のトラックがソロなんだろうか、とは思う。

BGMにするもよし、ぼーっと聞くもよし、分析的に聞くもよし。高音質を聞いても、曲を聞いても、演奏を聞いてもよい。いろんな聞き方ができる、いいディスクだ。クラシックが嫌い、打ち込みが嫌い、でなければ、楽しめると思う。

H2

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

「ハイレゾで行こう!」検索