2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« BD:「Michael Jackson's THIS IS IT」 | トップページ | SACD: 渡辺貞夫(Sadao Watanabe)「Paysages」 »

2019年12月22日 (日)

SACD: 冨田勲(Isao Tomita)「惑星(PLANETS)ULTIMATE EDITION」

20191222a_planetsultimateeditiontomita

SACD: 冨田勲(Isao Tomita)「惑星(PLANETS)ULTIMATE EDITION」
Plazma Music 2011年 COGQ-51
SACD/CDハイブリッド、サラウンド4チャンネル、ステレオ2チャンネル
2015年12月にamazon co. jp.で購入、2399円

懐かしさ ★★★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★★
購入満足度 ★★★★

中学生のころ、貸しレコード屋に自転車で行き、冨田勲の惑星のLPレコードを借りてきて、カセットテープにダビングした。夜、寝る支度をして部屋の電気を消し、枕の上にアイワのステレオラジカセを置き、何度も聴いた。シンセストリングスが好きでたまらないのは、やはり冨田の影響かもしれない。

そんな思い出を持つ私とすると、この「惑星 ULTIMATE EDITION」の音は、記憶の中の惑星とは一致しない。本人による再演奏ともいうべきもので、JUPITER-80、GAIA SH-01、VP-7、VP-770、SD-50といった近年のローランドのシンセの音が、かなり足されている印象だ。曲目も「イトカワとはやぶさ」が途中に挿入されている。

ノイズはかなり抑えられている。音の出方はけっこうきつい。ピキーン、と来る。強弱も、アクセントの付け方が時々違和感がある。ここでガツンと来てほしい、というところで肩透かしを食らったりする。一方で、踊りたくなるほどビートが響いてくる局面もある。これが冨田の2011年の音なんだ、と思って聴いている。

ここまで緻密なシンセの演奏というのは、作曲、演奏を完全に分けているからこそなしえていると思う。

一つのフレーズのパンが動いていくのが、冨田流だと感じる。私は自分の録音にマルチトラックのレコーダーは原則使わないことにしているが、コントロールチェンジで真似ができないか、試してみようと思っている。

マルチチャンネルも、いつかやってみようかなぁ。

今は、フロントLRがGenelec 1031A+Dynaudio BM14S、リアLRがパイオニアVSA-919AH→Behringer B2030Pという組み合わせで聴いている。解説書の冨田の写真にはGenelecの8000シリーズが写っている。私としては、今回は、まあまあの音で再生できていると思う。

フロントLRに低域が入っているので、フロントLRに大きなスピーカーを使うか、またはサブウーハーを使うことが必要である。リアは、通常のクラシックのサラウンドだとあまり大きな音が入っていないのだが、冨田の4チャンネルではリアがフロントと同じ大きさで鳴る必要があるので、フロントとリアのバランスも、通常の再生とは同じものではうまくいかないかもしれない。

シンセを志す人は、冨田の録音はよい教科書なので、このディスクに限らず、なるべくたくさん聞くとよいと思う。

オーディオ趣味の人には、薦めにくい。冨田4チャンネルのためにいろいろと工夫しなければならず、多くの人にとってそれは面倒な作業であろうと思うからだ。また、オーディオ趣味の人でシンセが好きという人は、あまりいないような気もする。

私にとっては、あーやっと満足な音で再生できた、今後も何度も聴こう、という1枚。

H2

 

« BD:「Michael Jackson's THIS IS IT」 | トップページ | SACD: 渡辺貞夫(Sadao Watanabe)「Paysages」 »

冨田勲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BD:「Michael Jackson's THIS IS IT」 | トップページ | SACD: 渡辺貞夫(Sadao Watanabe)「Paysages」 »

「ハイレゾで行こう!」検索