2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« 故郷の家でアナログレコードを聴く | トップページ | SACD: Miroslav Kejmar, Aleš Bárta「My Way」 »

2019年9月 2日 (月)

SACD: T-SQUARE「宝曲(たからのうた、takaranouta)」

20190902a_tsquaretakaranouta

SACD: T-SQUARE「宝曲(たからのうた、takaranouta)」
Village Music, Inc. 2010年 VRCL 10102
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル
2019年8月にヤフオク!で購入、1580円

懐かしさ ★★★★★
楽曲 ★★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★★★

T-SQUARE plays THE SQUARE、と副題が掲げられたアルバム。THE SQUARE時代の名曲を再び演奏し、レコーディングしたというものだ。

ミュージシャンは、大ヒット曲があると、一生それを演奏しないといけない。ライブでその曲をやらないとお客さんが満足しないからだ。歌謡曲、フォーク、ニューミュージックとかだとそれが激しいけれど、インストバンドでも、そういうことがある。Weather Reportは有名曲をメドレーで演奏していた。解散して、やっと、演奏しないで済むようになった。T-SQUAREもヒット曲が多く、メンバーが変わっても、年を経ても、バンド名がTHE SQUAREからT-SQUAREに変わっても、やはり、やり続けなければいけない曲が多いのだろう。

ということで、ライブでは演奏し続けてきただろうから、このアルバムは、録音するのは簡単な面もあったろうし、昔の演奏とどの程度違うものにするかで、悩ましい面もあったろうと思う。

全般としては、2010年の音に仕上がっていると思う。T-SQUAREは、2chではあるけれども、SACDをリリースし続けている稀有なバンドで、SACD品質の録音をするということについて、経験の蓄積があると思う。大きく言えば、このアルバムは、2010年のハイレゾな音にちゃんと仕上がっていると思う。。

ただ、EWIの音については、アナログのリリコンとは違い、昔のイメージで聴くとちょっとがっかりするかもしれない。アタックがちゃんと出ていて、それをブレスで制御しているんだけれど、それがアタックのワウにつながっていて、モコモコっと聞こえる。アタックが出ている分だけ、その後のディケイがあり、サスティンが強く響いてこない。ビブラートも控えめ。今のEWIはモデリングで抜けが悪い(外部音源を使っているかもしれないが)。サックスの方が抜けがよく感じる。

また、音全体のつぶし方が、アナログレコード、CDのころに比べて、ちょっと、控えめになっているかもしれない。大音響で聴くとすごくいいんだけれど、小音量にするとちょっと物足りないかも。これもまあ、悪い点とは言えないのだけれど。

書き出すとどうも辛口になってしまうけれど、それでも、このアルバムの購入満足度は五つ星である。

大学に入って加入したフュージョンバンドの最初のライブ(学園祭ですがな)で、Omens of Loveを演奏した。そのバンドが始まって私が加入した時はカシオペア編成であったが、私としては自分の負荷を少しでも減らしたいと思ったので、アルトサックス吹きを連れてきてスクエア編成にした。そのバンドでは遠雷もやったなぁ。

大学時代に某吹奏楽団で学生指揮をしていて、本番では外部の指揮者に振ってもらうので私は中間管理職であったわけだが、やはりOmens of Loveをやった。その吹奏楽団には、なじめないものもあって、だったらなんで学生指揮なんてやってたんだというと、引き受け手がいなかったからなのだが(2人体制にしてもらって自分の負荷は少し減らした)、3年次に1年それをやって退団することにし、最後に振ったのがOmens of Loveであった。照れ臭かったが、別れに際しての後輩のせめてもの気持ちであったから、それはありがたくいただいた。

友人が海外赴任する前にセッションをしたいという話になり、その友人以外のメンバーは初手合わせであったが、TRUTHをやった。

そんなこんなで、私としては思い出深い曲たちが、新録音でリリースされたこのアルバムは、買ってよかった1枚である。そつのない曲と演奏で、カーステレオにも好適だ。T-SQUAREファンは、ぜひお買い求めいただきたい。

H2

« 故郷の家でアナログレコードを聴く | トップページ | SACD: Miroslav Kejmar, Aleš Bárta「My Way」 »

THE SQUARE/T-SQUARE」カテゴリの記事

「ハイレゾで行こう!」検索