2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« SACD:Radek Baborák/吉野直子(Naoko Yoshino)「Duo de Rêve(デュオ・ドゥ・レーヴ)」 | トップページ | SACD: 中村紘子(Hiroko Nakamura)「モーツァルト:ピアノ・ソナタ集(MOZART: Piano Sonatas K.310, K.331, K.576)」 »

2018年8月23日 (木)

SACD: 舘野泉(Izumi Tateno)「Finnish Piano Music Best Collection 2(フィンランドピアノ名曲コレクション2)」

20180823b_izumitatenofinnishpianomu

SACD: 舘野泉(Izumi Tateno)「Finnish Piano Music Best Collection 2(フィンランドピアノ名曲コレクション2)」
Pony Canyon Inc. PCCL-60007 2007年
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル/5.1チャンネル(たぶん)
2018年8月にamazon.co.jpで購入。3000円

 

懐かしさ ★★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★

先日、舘野泉の「シャコンヌ」のレビューを書いた(SACD: 舘野泉(Izumi Tateno)「シャコンヌ(Chaconne)」)。そのディスクがあまりに素晴らしく、同じミュージシャンで他に入手できるものはないか調べ、買ったのがこちらのディスクである。新品時の価格より、高く買ってしまったであろうと思う。

このディスクが録音されたのは1988年で、舘野泉は両手で弾いている。ブックレットには舘野が自身で書いた楽曲解説がある。「私自身は少年の日から北欧に憧れ、若き日の夢の導くままにフィンランドに定住して、はや24年になる」と記している。その憧れを理解できるような気がするような、素敵なディスクである。

フィンランドピアノ名曲コレクションの2枚組は、図書館でCDで借りてきて聴いたことがある。いいなあ、と思った。BGMとしてかけて過不足ない。飽きない。いいなぁ、と思う。

買うならやはりSACDがいい、ということで今回買ったわけだが、CDより音がいいかどうかというと、いいような気もするし、大差ないような気もするし、あまりはっきりしたことは言えない。でも、どことなく、雰囲気がいいような気はする。

リマスタリングされた5.1ch(たぶん)があるのだが、マルチから起こしたのか、それとも2チャンネルマスターから起こしたのか、定かではない。ものすごく控えめなサラウンドで、LRを切ってボリュームを思い切り上げて、なんとかセンターとサラウンドが鳴っていることを確かめられる程度で、2チャンネルと、大差ない気もする。

左手一本になった舘野泉とは、当たり前だが、音数が違う。で、このディスクを何度も聴いているうちに、現在のピアノ曲の多くは、音が多過ぎるのではないかと思うに至った。私が聴きたいのは、もう少し音数が少ないピアノ、音数が少ない音楽なのかもしれない。坂本龍一や久石譲がそうであるように。そういうものを、まあ、自分でも作っていこうか、と考えている。

舘野泉、フィンランド、シベリウス、などの言葉にピンと来たなら、購入する価値があるだろう。入手が容易ではないかもしれないけれど。

H2

 

« SACD:Radek Baborák/吉野直子(Naoko Yoshino)「Duo de Rêve(デュオ・ドゥ・レーヴ)」 | トップページ | SACD: 中村紘子(Hiroko Nakamura)「モーツァルト:ピアノ・ソナタ集(MOZART: Piano Sonatas K.310, K.331, K.576)」 »

舘野泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SACD:Radek Baborák/吉野直子(Naoko Yoshino)「Duo de Rêve(デュオ・ドゥ・レーヴ)」 | トップページ | SACD: 中村紘子(Hiroko Nakamura)「モーツァルト:ピアノ・ソナタ集(MOZART: Piano Sonatas K.310, K.331, K.576)」 »

「ハイレゾで行こう!」検索