2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« Oppo Digital BDP-103を購入 | トップページ | Blu-ray Audio:Herbie Hancock「Maiden Voyage」 »

2018年5月11日 (金)

Pioneer VSA-919AHとOppo Digital BDP-103

パイオニアのAVアンプ「VSA-919AH」にOppo DigitalのBDプレーヤー「BDP-103」を接続して2日め。VSA-919AHは思ったよりも優れもので、BDP-103からHDMIでDSDを送り、それをVSA-919AH側でPCMに変換して再生できるようだ。

20180511b_vsa919ahhdmidsdtopcm

ディスプレイの左側に「HDMI」が点灯し、その右には5.1チャンネルの信号を受け取っていることが示されている。そのさらに右には「DSD」「PCM」が点灯している。DSDで受け取ってPCMに変換していますよ、という意味だと思うのだが、正しいだろうか。ディスプレイ中央部には「SACD」と大きく表示される。

2チャンネルのSACDだと、下の写真になる。

20180511c_vsa919ahsacdstereo

「SACD STEREO」であるというわけだ。

最初に使った時は、BDP-103の側でDSD→PCM変換を行っていた。その場合は、アナログ出力もその変換の後になるらしい。で、今回はDSD→PCM変換をVSA-919AH側にしてみた。音の好みで選べばよいようで、好みでいうと、VSA-919AH側での変換かな、と今のところは思っている。昨日より耳が慣れてきたのか、HDMI経由で聴く音も、さほど悪くないと感じられる。

昨日の記事では液晶ディスプレイの機能「ピクチャー・イン・ピクチャー」は使わないだろうと書いたが、予想に反して使っている。

20180511a_picutreinpicture

43型の液晶ディスプレイをパソコンで使っているわけだが、右上にBDP-103の表示を出している。BDP-103の本体ディスプレイは、これまで使っていたDV-696AVよりは情報量が多くて助かるのだが、上の写真のようにすると、ディスク名、アーティスト名、トラック名、トラックタイプ(上の写真では「SACD DSD」)、チャンネルタイプ(上の写真では「5.1」)などが表示される。タイム表示もトラックの長さと現在位置が出るし、全体の曲数がいくつかもわかる。Gracenote、やるじゃん、と思う。

DVD-Audioをかけた場合は、画面に画像などが表示され、リモコンで選曲などの操作ができるものもある。BDP-103の画面は、表示した方が便利と言えそうだ。

H2

« Oppo Digital BDP-103を購入 | トップページ | Blu-ray Audio:Herbie Hancock「Maiden Voyage」 »

ハードウエア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pioneer VSA-919AHとOppo Digital BDP-103:

« Oppo Digital BDP-103を購入 | トップページ | Blu-ray Audio:Herbie Hancock「Maiden Voyage」 »

「ハイレゾで行こう!」検索