2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« SACD: urb「afterdark」 | トップページ | SACD: PRISM「PRISM」 »

2018年3月24日 (土)

SACD: ケイ赤城トリオ(Kei Akagi Trio)「VIEWPOINT」

20180324f_keiakagitrioviewpoint

SACD: ケイ赤城トリオ(Kei Akagi Trio)「VIEWPOINT」
VIDEOARTS MUSIC, Inc. VAGV-0001 2000年(録音は1999年12月19~21日)
SACD、ステレオ2チャンネル
2018年3月にヤフオク!で購入。1500円

懐かしさ ★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★★★
録音 ★★★★★
購入満足度 ★★★★★

あらこんなところにジャズの巨人が、という感じである。私は不勉強なことにケイ赤城というピアニストを知らなかった。鈴木良雄の時にも同じことを書いた。SACDを買おうかとネットサーフィンしているうちに、このディスクを見付けて買ってみた。すばらしい。こういうのがあるから、SACD購入はやめられない。

メンバーはケイ赤城(pf)、鈴木良雄(b)、村上寛(ds)である。曲はジャズスタンダード(といってもかなり玄人好みのもの)と、ケイ赤城のオリジナル。2曲はピアノソロで、それがまた素晴らしい。必聴。

このSACDは、「Recorded direct to two track by using DSD system at Sony Music Shinanomachi studios, Tokyo」であるという。PCMのマルチに入れていないのだ。一発録りだよね。まあ、これだけのメンバーなら、演奏を一発で録るのはどうってことないだろうが、音をその場で完成させ、バランスをその場でとったエンジニアは、大したものだと思う。音がきれい。実にきれい。ピアノトリオやピアノソロをこんな音に録れるんだ、というのに感激した。

曲も演奏も、文句を付けるところがない。ちゃんと歌っている。弾いてるだけ、では決してない。こういう巨人がいるから、その後に続く人は大変なんだよな、やっぱり。懐古的でもなく、ちゃんと前進している。

ピアノとベースのリズムを合わせてたり、ユニゾンしたりしているのに新しさを感じる。ベースのビートが単調でなく、またうまくはめてきている。

全体の印象は優しい。うまさをひけらかしてるんじゃなくて、あたたかい。下手な私にも、「いいじゃん、思う通りやってみれば」と言ってくれているような音。緊張感は、ちょうどよい程度にしかない。力が抜けている。さすがベテラン。

ジャズは死んでない。すごい。ジャズが好きな方はぜひ。

H2

以下のリンクは、おそらく、1番目がSACDで、2番目が「オンデマンドCD」で、3番目がCDと思われます。購入の際はフォーマットをお確かめください。

« SACD: urb「afterdark」 | トップページ | SACD: PRISM「PRISM」 »

鈴木良雄」カテゴリの記事

ケイ赤城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SACD: ケイ赤城トリオ(Kei Akagi Trio)「VIEWPOINT」:

« SACD: urb「afterdark」 | トップページ | SACD: PRISM「PRISM」 »

「ハイレゾで行こう!」検索