2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« SACD: 中村紘子(Hiroko Nakamura)「CHOPIN PIANO CONCERTO No.1 TCHAIKOVSKY PIANO CONCERTO No.1」 | トップページ | SACD: Glen Gould「Bach: The Two and Three Part Inventions(Inventions & Simfonias BWV-772-801」 »

2017年9月24日 (日)

SACD:CASIOPEA「LIVE & MORE」

20170924a_casiopealivemore

SACD:CASIOPEA「LIVE & MORE」
UM3/USM Japan, a division of UNIVERSAL MUSIC K.K. UIGZ-7005 2004年
SACD/CDハイブリッド、ステレオ2チャンネル/5.1チャンネル
2017年9月にヤフオク!で購入。2440円

懐かしさ ★★
楽曲 ★★★
演奏 ★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★

1988年1月のスタジオ・ライブと、7月から9月にかけてのブラジル、ロサンゼルス、ブリスベンでのライブ演奏を収録したアルバム。野呂、向谷、桜井、神保という黄金期メンバーによる、最後のアルバムである。

嬉しいのは全曲5.1チャンネルで聴けること。元々、DVDを作るためにマルチで録音して、マルチミックスも作っていたのだろうと思う。カシオペアを5.1チャンネルで聴けるのは、とても嬉しい。

うち1曲は「※まるで客席に向かって『カシオペア』と一緒にステージに立っているような音場感をお楽しみください!」という変なミックスだが、それはまあ、実験として許す。ステージでは、確かにこんな風に、変な音の聴こえ方をするものであるし。

写真を見ると、向谷実が正面に置いているのはKX88とKX76で、キーボードセッティングの写真としては、これほどにつまらないものはないな、というのが感想。だって、何弾いているか、視覚的にわかるものがないじゃんね。

音を聴くと、FM音源のみ、という感じ。1983年にDX7が出て、SY77は1989年だから、1988年というと、FM音源をやりつくして、飽きが来た時期だと思う。スタジオだと他社製品を使うこともあったろうが、ライブだと、どうもなあ、というものもあったのではないか。しかしこの後も、ヤマハのPCM音源は、抜けが悪い時期がこのあと10年以上も続いた。2001年にMOTIFが出た時、一番喜んだのは向谷ではなかったろうか。PCMでまともなピアノ音が出るまでに、それだけかかったんだよなあ。

カシオペアのライブというと、高校時代にラジオで聴いた、向谷のしゃべりがものすごく印象的で、海外だとそれがなくて、さびしい。

あと、この時期は、全盛期から次がなかなか見えなくて、メンバーが苦しんでいたのも、感じられる。つらかったろうなあ。演奏も、どことなく暗い。

それでも、聴いていて偉いと思うのは、後でオーバーダブした感じがないこと。向谷はまじめに両手で弾いて穴を埋めている。ギターも、1本ではこれは弾けないだろう、という部分がない。そういうのって、やっぱり、偉い。アマチュアバンドの手本である。神保はリズムマシン的なビートを叩き出している。桜井も、うん、やっぱり、鳴瀬より、桜井の方が好き。

カシオペアを初めて聴く、という人は、この1枚で判断してほしくはない。でも、カシオペアファンなら、手に取る価値がある1枚だと思う。私は、通しで聴き終わった後に、ついつい、再生ボタンを押してしまう。飽きない。

H2

« SACD: 中村紘子(Hiroko Nakamura)「CHOPIN PIANO CONCERTO No.1 TCHAIKOVSKY PIANO CONCERTO No.1」 | トップページ | SACD: Glen Gould「Bach: The Two and Three Part Inventions(Inventions & Simfonias BWV-772-801」 »

CASIOPEA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SACD:CASIOPEA「LIVE & MORE」:

« SACD: 中村紘子(Hiroko Nakamura)「CHOPIN PIANO CONCERTO No.1 TCHAIKOVSKY PIANO CONCERTO No.1」 | トップページ | SACD: Glen Gould「Bach: The Two and Three Part Inventions(Inventions & Simfonias BWV-772-801」 »

「ハイレゾで行こう!」検索