2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« SACD: Kazumi Watanabe(渡辺香津美)New Electic Trio「mo' Bop」 | トップページ | SACD: 長岡京室内アンサンブル(Nagaokakyo Chamber Ensemble)「スーク、ドヴォルザーク(Suk & Dvořák)」 »

2017年1月23日 (月)

SACD: Weather Report「Heavy Weather」

20170123a

SACD: Weather Report「Heavy Weather」
SME Records SRGS 4509 1977年
SACD、ステレオ2チャンネル
2015年6月にamazon.co.jpで購入。3186円

懐かしさ ★★★★
楽曲 ★★★★
演奏 ★★★★
録音 ★★★
購入満足度 ★★★

私が好きなバンドを3つ挙げると、Yellow Magic Orchestra、Deep Purple、Weather Reportである。好きな鍵盤奏者を挙げると、坂本龍一、John Lord、Joe Zawinulとなる。もちろん、他にも好きなバンドはたくさんあり、好きな鍵盤奏者もたくさんいるのだけれど。

Birdlandは高校1年の時に吹奏楽部で演奏した。8:30を買っていた私がそのアレンジに満足できるはずもなく、高校2年では吹奏楽部の面々に働きかけてバンドを作って演奏した(ちなみに、Black Marketもやった)。Birdlandという曲は、Manhattan Transferから何から、とにかく多くのミュージシャンがカバーしており、このSACDレビューでも何度も出てくる曲になるはずだ。

あ、8:30とHeavy WeatherのどちらのBirdlandが好みかと言えば、やはり8:30の方です。

このSACDをかけて感じたのは、シンセの音が明るいこと。輝いている。あー、アナログシンセ最高だなー、という音。ザビヌルはだんだんエレピやピアノを弾かなくなっていくんだけれど、このころはまだ弾いていて、聴く側としてはそれも楽しい。ザビヌル以外の人も素敵で、Shorterはいつもながらに美しいし、Jacoは言われたことをがんばってこなしていて、ストレスあるんだろうけど、でも、Jacoを形作った大きな要素としてWeather Report時代があったことを感じさせてくれる。

懐かしく、曲が良く、演奏もよく、録音もまあまあよくて、でも少し哀しい気持ちになってしまうのは、JoeもJacoももういないからだろう。あと、1977年にこんなにすごいものがあって、その後、音楽は進んだんだろうか、とふと思ってしまうからかもしれない。でも、そういうことって、考える必要ないのかも。今のベストを求めればいいだけかな。

シンセ弾きの方は、ぜひ一度はお聴きいただきたいです。

H2

« SACD: Kazumi Watanabe(渡辺香津美)New Electic Trio「mo' Bop」 | トップページ | SACD: 長岡京室内アンサンブル(Nagaokakyo Chamber Ensemble)「スーク、ドヴォルザーク(Suk & Dvořák)」 »

Weather Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SACD: Weather Report「Heavy Weather」:

« SACD: Kazumi Watanabe(渡辺香津美)New Electic Trio「mo' Bop」 | トップページ | SACD: 長岡京室内アンサンブル(Nagaokakyo Chamber Ensemble)「スーク、ドヴォルザーク(Suk & Dvořák)」 »

「ハイレゾで行こう!」検索